肌荒れ対策には、保湿と夜間のリペアが大事です。

 

どうしても乾燥しやすい時期になると、肌荒れが目立つようになります。
朝、起きて洗顔する際に、もうすでに手のひらで感じる自分の顔の皮膚が
ごわごわしていることに気づく場合もあります。
お化粧をはじめると、のりが悪いというよりは、化粧水や乳液が肌になじまない、
肌の中になかなか吸収されないように感じることも。
こうなると、肌の表面が荒れ荒れでどうにもできない無力さを感じますが、
とにかく基本にもどって、肌の保湿を徹底することが対策へとつながります。
一番良いのは、お風呂上りにどんどん蒸発してしまう水分が逃げないように、
肌の上にふたをすることです。
ローションをたっぷりと顔や体全体にぬり、
その上から薄くワセリンを塗ると効果的です。
このワセリンは、子どもが肌荒れを起こした時にも使用できる肌に優しいものなので、
ローションなどの液体を肌になじませてから薄い皮膜を作るようにワセリンをのばし、水分が蒸発しないようにふたをし閉じ込めます。
これで一晩たつと、肌に柔らかさがもどり、つるつるとしていることに気づくと思います。
この肌荒れ対策は持続性が低いので、毎晩しないと効果がないですが、お肌には負担の少ないやり方ですので老若男女に関係なくおすすめです。