マイホーム売却による優遇措置

 

通常、家などを売却して利益が出た場合、税金がかかってきます。
しかし、その売却した家がマイホームの場合は、税金が安くなる優遇措置があります。
それは売却して利益が出た場合、その譲渡所得から、最高3000万までの額を控除されるのです。
大きな家屋は別にして、普通の小さな家なら、この3000万の範囲に収まりそうですね。
これは政策的にマイホームに対して優遇措置が行われていると考えて良いと思います。
逆に大家のようにビジネスとして所有していた不動産を売却したケースでは、この優遇措置が受けられません。

同じ家を売却しても、本人が住んでいたのか、大家として貸していたのかにより、税金額が変わってくるということですね。